September 8th, 2014

STREET ART

アーティストにとって、この街自身がキャンバスになり得るのだろう。ニューヨークの街にはストリートアートが溢れている。
壁という壁、地下鉄の中、ショップのシャッター、廃墟の建物、柱など、実に様々な場所に描かれており、ニューヨークの街を歩いているとたくさんのアート作品に触れることができる。
芸術か落書きか、という論争もあるそうだが、質の悪い落書きをされるぐらいならとアーティストに申し出るショップもあるほどらしい。
消しても消しても書き足されるため、街と同様グラフィックアートもまた常に変化しており、人々を飽きさせることはない。

昨年夏に取り壊された有名な5 Pointsは世界最高の「落書きのメッカ (graffiti Mecca)」と呼ばれていたが、その他にもEast WilliamsburgにあるMECKA Galleryの周辺地域もまたグラフィックアートの有名スポットのひとつ。
倉庫が集まっている場所で人もほとんどおらず閑散とした街に、カラフルなグラフィックアートが物悲しく映る。

stree-art